マンション管理組合・大規模修繕工事
見直しサービス

マンション大規模修繕工事見直し

マンション大規模修繕工事の時期・見積工事費の適正かどうかのジャッジ・業者選定等のコンサルティング

マンション管理委託管理費の最適化

マンション管理会社の管理委託費が適正価格かどうかのジャッジ、管理委託費のコスト最適化コンサルティング

マンション共有部分の有効活用

駐車場やマンション共有部分の空きスペースの有効活用する等、資産価値を上げるアドバイスやコンサルテーション

マンション管理組合のIT化

マンション管理組合のIT化やマンション住居者のコミュニケーションのSNS・IT化のご相談

ビルメンコンシュルジュの マンション管理組合・大規模修繕工事の見直しサービス

ビルメンテナンス業務を行う傍ら、相談が多いのはマンション管理に関するご相談が多いです。その中でも圧倒的に多いのがマンション管理委託費が適正価格かどうかコスト削減可能かというご相談大規模修繕工事時の工事費用が適正価格かどうかというご相談が多いです。実は私自身のマンションでも大規模修繕工事があり、実価格とかけ離れた金額で交渉して工事価格を下げた経験があります。

ビルメンテナンス業務とマンション管理業務・大規模修繕工事業務は実はかぶるところがあり、実際に作業している業者も同じところが多いです。
ただマンション大規模修繕工事の場合、マンション管理組合が素人の方が多く、工事の適正価格かどうか判断できずに法外な価格を提示されてもそのまま受け入れてる場合が多いです。

実際に管理会社に言われた通りの費用で大規模修繕を行っている管理組合がほとんどです。またマンション管理士の方も携わっている場合もありますが、管理会社所属のマンション管理士の方が多く、中立的観点からアドバイスもらえない場合が多いです。
また独立して活動しているマンション管理士の方は数少ないのが現状です。

もちろんコスト削減による手抜き工事はよくありません。かといって適正価格以上の工事を請求する業者も良くないと考えます。
ビルメンコンシュルジュではそうした大規模修繕工事やマンション管理組合の管理委託費が適正価格かどうか等、第三者の中立的観点からアドバイス・コンサルテーションを行います。

ビルメンコンシュルジュのマンション管理の業務内容

  • マンション管理組合の運営に関するコンサルタント業務
  • 電話・メール・オンラインミーティング・面談等によるアドバイス業務
  • マンション大規模修繕に関する業務
  • マンション管理に関わる様々な相談・管理業務

マンション大規模修繕工事の見直しサービス

マンション管理組合のコンサルティングの中でもマンションの大規模修繕工事は、マンション管理の一番なイベントであり、ご相談頂く割合が高いです。
その中でも大規模修繕工事が必要なのか、大規模修繕工事の価格が適正価格なのかというご相談内容が多いです。

マンション大規模修繕工事のよくあるご相談内容

  • 管理会社から提示された工事金額が適正なのかわからない
  • どのように大規模修繕工事を進めたらいいのかわからない
  • 大規模修繕工事をいつ実施したら良いのか判断に困っている
  • 大規模修繕工事の業者・品質に関する不安

マンション大規模修繕工事の現状 ビルメンコンシュルジュでできること

基本的にはマンションの大規模修繕工事は12年~15年周期で行われることが多いです。その理由としては国土交通省が提示しているガイドラインには大規模修繕工事は12年周期が望ましいと記載があるからです。とはいえ立地条件やマンションの規模・築年数によって異なるのが実情です。

管理会社の提案は各マンションに最適化された修繕案というより一般的に標準化された修繕計画で修繕を行うことが多いです。その際、必要のない不必要な工事で余計な費用がかかっていることもあります。またマンションの大規模修繕工事には、管理会社のほか下請けや孫請けなど複数の工事会社が関与することがほとんどで、下請けや孫請けの工事会社に支払う中間マージン等が多くなり、工事費が割高になることがあります。

また工事内容よっては管理会社の連携が深い工事会社では出来ない場合もあり、そうした場合余計なコストがかかる場合も多いです。

また複数の棟で構成されているマンションも立地条件によって、建物の傷み具合等が異なるので、修繕サイクルが異なります。しかし標準化された修繕工事計画では無駄な工事の発生や修繕すべきところが蔑ろにされたりして、工事費のコスト増や余計な工事が発生する場合もあったりします。

このサービスでは、提示された見積内容について、高額なものでは無いかをまず査定致します。大規模修繕工事は、管理組合の大切な資産である修繕積立金を使って行うものです。提出された見積書を決して鵜呑みにせず、しっかりと検証することが理事会としての責任であり、正しい姿勢です。資産の使い方について管理会社は責任を決して負ってはくれません。

管理会社や工事会社から提案される大規模修繕工事の見積書は、会社によって工事内容がバラバラで同じ条件ではありません。そのため、どの会社の見積りがマンションにとって最適な良い提案内容なのか、金額は高いのか、正確に比較することは難しく、ましてや素人では不可能といっても過言ではないでしょう。

ビルメンコンシュルジュでは第三者の観点から大規模修繕工事の提案資料や見積書を分析し内容のフィードバックと改善のアドバイスをさせて頂きます。また大規模修繕工事とは修繕サイクルが異なる設備修繕や、マンション毎に課題が異なる防災対策についても、コンサルタントとしてアドバイスも可能です。

愛知県・名古屋エリアのマンション管理の見直しサービス

マンション管理のご相談も多いです。一番多いのが管理会社の管理委託費が適正価格かどうかを知りたいという相談と、管理委託費のコストを下げたいのでどうすればいいかというご相談が多いです。

大規模修繕工事も同様ですが、基本的にはビルメンテナンス業務とマンション管理業務は業務的にかぶるところが多く、特にマンション管理の定期清掃業務や特別清掃業務は大手中堅のビルメンテナンス会社であれば同じところで運営している場合もあります。

また駐車場やマンション共有部分の空きスペースの有効活用する等、資産価値を上げるアドバイスやコンサルテーションも行っています。マンション管理組合のIT化やマンション住居者のコミュニケーションのSNS・IT化等もご相談ください。

マンション管理のよくあるご相談内容

  • マンション管理委託費が適正価格かどうかよく分からない。他社に比べて高いような気がする
  • マンション管理委託費コストを削減するため、保守管理業務を直接契約できないだろうか
  • マンション管理会社との関係がうまく行かない。管理費が高いような気がする
  • マンション管理会社の変更は出来る?管理会社との契約時、契約更新時に注意するべき点は
  • マンション居住者間の情報共有・コミュニティについてIT化(SNS)を活用できないか

よくあるご質問

特に私自身の現役ビルメン歴16年の経験とマンションの大規模修繕工事の経験から、大規模修繕工事やマンション管理(特に定期清掃業務・特別清掃業務・保守管理業務等)のアドバイスは得意分野と考えています。

工場業者や清掃管理業者仲介・ご紹介は可能です。

一番多いのは大規模修繕工事のご相談が多いです。大規模修繕に関わらず、特に最近はマンションも経年劣化による部分的な工事も多いのでそうした相談も多いです。

現在は愛知県エリアに限定とさせていただいています。

プロフィール

会社名 SG株式会社

設立 2004年4月~

所在地 愛知県名古屋市名東オフィス
代表者 清水
1974年名古屋市生まれ。「現場の代務経験ゼロ」「全管理物件黒字化達成」が自慢の現役ビルメンマン。 自身の現場経験も含めた数多くのビルメンテナンス企業の収益改善・人材施策・事業承継のコンサルティングを行う。

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム